建物表題(表示)登記と土地境界確定測量は、東京都葛飾区の土地家屋調査士田中良知事務所にお任せください。

1000件を超える建物・土地の登記経験がある土地家屋調査士

建物表題(表示)登記と測量の専門家

土地家屋調査士 田中良知事務所
〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-36-16 サンロードA 2階

03-6662-7224

営業時間

9:00~21:00

お気軽にお問合せください

土地についての先例・判例

【海面下の土地の所有権】
春分及び秋分の満潮時において海面下に没する土地については、私人の所有権は認められない(昭和33.4.11民事三発203号通知)。

土地が海面下に没するに至った経緯が、天災等によるものであり、かつ、その状態が一時的なものである場合には、私人の所有権は消滅しない。


干拓地の堤塘の一部を除去したため海水が流入し海面となったものについては、土地の所有権は認められない(昭和36.11.9民事甲2801号回答)。


海は、そのままの状態では、所有権の客体たる土地には当たらないが、国が一定範囲を区画し、他の海面から区画して排他的支配を可能にし、公用を廃止して、私人の所有に帰属させた場合には、その区画部分は、所有権の客体たる土地となる。(最判昭和61.12.16)
 

【登記の対象となる不動産】
北方領土地域内の不動産に係る表示の登記については、不動産の客観的現況を公示するという主たる機能が阻害されている状態にあるので、このような表示の登記を含む不動産登記は、不動産登記制度の重要な基礎である登記記録の正確性を十分に確保することができないことからいっても、本来、不登法が予定しないものであることは明らかである。したがって、上記不動産は、不登法に基づく登記の対象となる不動産に該当しないものと解さざるを得ない。(札幌高判平成11.1.26)(本判決の判例を最判平成16.2.24認容)

 

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

03-6662-7224

受付時間:9:00~18:00

お見積りは無料です。近日中にお見積り結果をご連絡いたします。
まずはお電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

03-6662-7224

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

代表プロフィール

代表 田中 良知
資格
  • 土地家屋調査士
  • 宅地建物取引士

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

ご連絡先はこちら

土地家屋調査士
田中良知事務所

03-6662-7224

info@chosashi-tanaka.com

無料相談・見積作成受付中
・土地境界確定測量
・土地分筆登記
・土地合筆登記
・土地地目変更登記
・建物表題登記
・建物滅失登記 など

住所

〒125-0061
東京都葛飾区亀有3-36-16
サンロードA 2階